日別アーカイブ: 2018年6月26日

家庭用の定番!アクアクララのウォーターサーバー

家庭用ウォーターサーバーを見かける様になって随分経ちますね。
昔は会社や整骨院等で見かけるのが殆んどでしたが、需要が伸びて今や家庭にも置かれています。
その中でもお勧めしたいのがアクアクララのウォーターサーバーです。
アクアクララはシェアNO,1の実績を誇り、モンドセレクションを5年連続受賞している製品を作り続けているメーカーです。

お得な価格

ウォーターサーバーはボトルにかかる費用に加え、メンテナンス代、故障対応、電気代等多くの費用がかかってきます。
アクアクララはそんなボトル代と電気代以外の費用をあんしんサポートとパッケージにして、わかりやすく、そしてお得に提供される工夫がされています。
だからと言ってその分ボトル代が高い訳ではありません。
高品質でミネラルを配合したRO水が使われていて、優秀品質最高金賞を5年連続取り続けている美味しさにこだわった水が3600円から購入出来ます。

様々なヴァリエーション

自宅にウォーターサーバーを置くと場所が取ったり、内装の景観が失われてしまうのが気になる方も多いと思います。
アクアクララはそんな悩みを解消する為に、2種類の形に加え8種類のカラーヴァリエーションを用意しています。
お子様がいて手に触れらない様にしたい方は大きめの高さ966ミリのサイズ、
場所をコンパクトにまとめたい方は487ミリのサイズ、とシーンに合わせて選べます。
さらにブラック、ブラウン、ブルー、グリーン、オレンジ、レッド、ピンク、ホワイトと部屋のイメージに合わせる事が出来るのでおしゃれに設置したい方には嬉しいですよね。

多くのメーカーからウォーターサーバーは出ていますが、アクアクララは高品質で使い易くて低価格、消費者目線でしっかり作られていますね。

受賞歴等の実績があるのも信頼の証です。
これから自宅に設置を検討されている方は是非チェックしてみてくださいね。
資料請求や無料お試しセットもありますので気兼ねなく体験出来ますよ。

手ごろな料金 アルピナのウォーターサーバー

買い物に行ったときに、2Lのミネラルウォーターを買って帰ろうと思うと、気が重くなりますよね。
でも、水道水を飲むのは嫌だという人もいるでしょう。
そんな時にはウォーターサーバーをレンタルしてみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーの便利さ

冒頭で書いた通り、ウォーターサーバーをレンタルした場合、電話一本や定期的に届けてくれますので買いに行く手間が省けます。
それに85度のお湯が出てくるものが多いですので、簡単にコーヒーなどを入れることもできます。
冷蔵庫を圧迫しませんし、もしもの時には備蓄水としても利用できます。

アルピナについて

ウォーターサーバーをレンタルしてお水を配達してくれるサービスに、アルピナがあります。
アルピナの特徴は送られてくる水が、RO処理を行い99.9%不純物を取り除いてあることでしょうか。
このアルピナウォーターの原料は北アルプスの天然水で、これだけでも十分に飲むことができます。

さらにRO処理を行うことで、微生物やウイルスなどをカットしていますので、老若男女問わず安心して飲むことができます。

お手軽な値段

アルピナのウォーターサーバーを使った場合、大きなポイントになるのが手ごろな値段でしょうか。
サーバーのレンタル料が600円以下、12Lボトルの値段が1000円以下というのは他社と比べても安いと言えるでしょう。
中にはサーバーのレンタル料がかからないところもありますが、そういった場合にはお水の値段が12Lあたり1700円から2000円を超えるものになってきます。

仮に一人暮らしでひと月に12Lのボトルを2本使ったとすると、大体の会社が3000円を優に超える中、アルピナは3000円もかかりません。
毎日飲むお水ですから、少しでも値段は抑えたい人も多いですよね。

故意でないなら故障しても無料で修理してくれます

以上で説明を終わりますが、アルピナのウォーターサーバーは誤って故障させてしまっても、故意ではない場合無料で修理をしてくれるようです。
また、月にボトル何本という購入ノルマもありませんので、安心して試すことができるのではないでしょうか。

沖縄にも対応してくれるウォーターサーバーの業者はあるのか?

ウォーターサーバーの業者は全国に対応しているという風に書いていたとしても、沖縄や北海道の場合は対応していなかったりします。沖縄であってもそういう需要はあるわけですので、供給してくれる業者がもっとあったらいいのになと言う風に思う人も多いのではないでしょうか。果たして、沖縄でも対応してくれる業者はあるのでしょうか。

沖縄県の水事情

沖縄県は亜熱帯地域で頻繁に水不足になる地域で、本州に比べて飲み水は豊富というわけではありません。そのため、沖縄に住んでいる人は民家に貯水タンクを設置している家庭が多いです。なぜこんなに枯渇するのかというと山が存在せずに川が激流なためです。こういうところだからこそ、本来はウォーターサーバーの需要があるわけです。

なぜ沖縄県は宅配エリア外なのか?

沖縄県であっても需要はありそうなのですが、なぜ沖縄県だけ宅配エリア外なのかと言うと、配送コストが圧倒的に高いという問題があるからです。これはビジネスから見て採算が合わないということでしょう。沖縄県は決して広いわけではありませんが、人口がそれほど多くないという面や本州から船舶を使わないと運べないということがあります。

沖縄県の地域に根差した業者があればいいわけですが、天然水の場合は良い水を採水しないといけなく、沖縄県にそういう箇所が見当たらないです。もしやろうとすればRO水なのですが、水道は硬水ですのであまり飲み水としては適さないということはあるでしょう。

沖縄県は選択肢が圧倒的に少ない

沖縄県であっても送料が無料であるウォーターサーバーの業者はアクアクララぐらいしかないです。他の業者の場合は別途宅配手数料を要するところが多いです。沖縄本島には対応していても、他の離島には対応していないというケースもあります。

沖縄県には供給できない業者が多い

沖縄県であってもウォーターサーバーの需要は高いですが、ビジネス的見地より対象外になっている業者は多いです。そのため、業者を選ぶ選択肢と言うのが圧倒的に少なくなります。