ルセナの水素水はスチール缶だから良い

水素水といえばエナジードリンクのような容れ物に入っている印象が強いかもしれませんが、時には飲み口なしだったり、缶に入っていたりとメーカーによって特色があります。
特に缶を採用している会社は少なく、ルセナくらいしか思い浮かびませんがせっかく注入した水素を逃がさないための工夫がなされているので長期保存したい人にオススメです。

置いておきたいのなら

そこまでお金に余裕があるわけではないから、水素水を購入しても持て余す可能性もある。しかし、賞味期限が短いのならば早めに飲みきらないといけないので困る。と思っている人もいるでしょう。
高濃度水素水ルセナはスチール缶を採用しているだけあって未開封なら1年以上保存できるので、備蓄水としても使えるので万が一の時にも安心して飲める水素水が確保できます。

水をしっかりキープする

何かしらの災害が起こってしまったらまずはライフラインが断たれると予想されます。電気、ガス、水道は生きていくのに必要不可欠なのに復旧まで時間が掛かってしまいますよね。
そんな時にこそ保存可能な水素水をきちんとストックしておけば、災害時でもきちんと上質な水を飲めて生きる活力が湧いてくるはずです。もちろん、日頃からミネラルウォーターをまとも買いするのも重要かもしれませんが。

あまり見かけないタイプだからこそ

缶を使われてしまったら置く場所にも困ってしまうし、何よりも重量が出てしまうから嫌だなあ…。という意見もあるかもしれませんが、どちらを取るかでしょう。
いつも購入したらすぐに飲みきるようにしている。というような水素水愛好家の方ならば、特に保存という観点に着目しなくてもいいので、別メーカーのものでも満足できるはずです。
ここぞという時にこそ水素水!と決めている人はやはり保存期間が長い方がタイミングを見極めることができるので重宝するはずです。自分どちらのタイプかしっかり考えましょう。

水素水一つを選ぶのにそんなに考えるべきことがあるのか…。なんて嫌になってしまうかもしれませんが、健康に過ごすためには頭を使わないといけません。