伊藤園の水素水は高濃度

伊藤園の水素水はおいしい水に水槽含有することで、飲みやすく高濃度の水素水を開発しています。使用されている、年生は三重県櫛田川水系を水源としている硬度38の飲みやすい軟水をふんだんに使っています。

独自の水素水生成方法

水素水を作る場合は、圧力をかけることにより水と水素結合させます。しかし伊藤園の場合は圧力をかけずに、常温常圧下で水素が水に溶け込む限界値に近い1.6ppmの濃度を実現しています。

さらに特許製法になっているので、高濃度で抜けにくい独自の水素水を完成させています。水素が水中から徐々に空気中へ抜ける性質がありますが、伊藤園の独自の水素水生成方法は水素ガスを高濃度かつ細かい気泡状態で吹き込むので水素が水中に長時間存在できます。

水素を含んだ水の使い方

水素を含んだ水は人間の健康を維持する上でとても重要な役割を果たして、普通の水道水や天然水よりも体に効果をもたらします。例えばスポーツをするときの水分補給や美容健康が気になる人は肌の輝きを求めて水素を含んだ水を飲むことが進められています。

また人間は寝ている間にたくさんの水分を体の外に出しているので、朝の目覚めの1杯として水素を含んだ水を飲むことも進められています。水素を含んだ水はスポーツドリンクとは違い、新しい水分を補給する方法として注目を集めています。

水素を含んだ水は安全な商品

水素が溶け込んでいる水は、厚生労働省で食品添加物として認可されており安全が保障されているものです。また食品添加物は国が定めた食品安全委員会による評価を受け、健康損なう恐れのない商品だということを認められています。

水槽水に溶かすことで効率よく体に取り込むことができ、体の活性化にもつながっていきます。また水素を大量に摂取してしまった場合も、拡散性が高いため余分な水素は体から抜けていきます。

しかし水と同じように過剰摂取は胃腸や負担を大きく欠けてしまうので、適度に飲むことが大切になってきます。必要とされている成分補給のように適度に水素を含んだ水を取る事は、体にとっても大変良いことだといえます。